どんどん転職しましょう!

新卒者の転職というと、非常にネガティブなイメージが持たれがちです。3年以内の離職率が高くて問題です!といったニュースはよく見ると思います。しかし、3年以内に離職することがそれほど問題でしょうか?私はむしろ積極的な転職をすすめます。

たとえば離職率が高いというニュースについて、「最近の若者は我慢ができない」とか「3年間は待ってみたほうがいい」という人がいます。しかし我慢しながら働いてもそれは本人、会社の双方にデメリットが大きいと思いますし、「3年」という期間に何の根拠もありません。1度しかない人生で3年というのは非常に貴重な時間です。それを嫌々過ごすというのはその人のキャリア形成や成長という面でももったいないといえます。

そもそも高校や大学を卒業したばかりの学生が本当にやりたいことをみつけるのは困難です。最初に入った企業で本当にやりたいことができる人が一体何人いるでしょうか。それよりも様々な仕事を経験する中で自分が本当にやりたいことをみつけていける社会がいいのではないでしょうか。

少し前まで日本は、日本独特の風土により、最初に勤めた会社に定年になるまで努め続けるという人がほとんどでしたが、現代の日本では、企業側は正社員よりも人材育成に手間がかからない派遣社員や賃金が安くて済むパートタイマーを好んで雇用するようになりましたし、高校や大学を卒業したいわゆる新卒でも、やりたい事をやるために、正社員として勤めるのではなくフリーターを選ぶ人も増えましたので、昔とは就労状況が大きく変わったと言えます。   また、昔の様に、職を変える事が恥ずかしい事に思われていた時代は、我慢して働き続ける事が当たり前でしたが、今は、様々な理由から転職をする人が増えています。転職の理由で最近増加傾向にあるのは、幅広い知識や経験を積みたい、現在の会社では昇進が望めないなどです。   特に景気が悪化すると、勤めている会社や業界に対する先行きの不安感からも転職をする人が増えます。昨今の不景気により企業側も昇進や昇給のスピードを抑えたり、ボーナスの支給を控えるなどの対策を行っていますが、そのような職場環境の悪さが、転職を考える要因になっているようです。   また、いつの時代も変わらない転職の理由としては、職場の人間関係があげられます。 転職をする事が当たり前になりつつある現代ですが、20代後半の人材は企業側も好んで採用する傾向にあります。20代後半は、社会人としてのマナーなどが備わっており、最初から教育する労力を費やさなくて済むからです。ですから、20代であれば、未経験の仕事でもトライするチャンスがあります。   しかし、30代になると、ある程度の経験を積んだ、いわばスペシャリストと言える様な、即戦力となるスキルを求められてしまいます。ですから30代から歳を経るごとに、しっかりとした技術を身につけていないと転職は難しくなって来ます。何かの技術を身につけている場合は、他業種でも採用される可能性はあります。   ころころと転職をする事は、それだけ転職をする可能性を狭めてしまいますので、現在の勤め先でしっかりとした技術を身につけることが、おのずとたくさんの転職の可能性を広げる事になります。
出典:日本の転職事情 / 転職エージェントランキング比較navi

日本は社員に非常に手厚いですが、労働力の流動性が低いです。どうしても1度入った会社にしがみつかねばならない傾向にあります。
オランダなどのように再就職しやすい環境を高め、より多くの人が自分のやりたい仕事ができる社会になることを望みます。

夢を叶える為に、今転職すべきか悩む

私は35歳のサラリーマンです。
大学を卒業してから13年間、一筋に今の会社に勤めてきましたが、今ちょっと悩んでいます。

私にはやりたいことがあって、将来は小さくても良いので、自分で温泉旅館をやってみたいと思っています。

今の会社はコピー機のリース会社ですから、そういった旅館業のノウハウが勉強できる環境では全くありません。

もう私も35歳ですから、45歳を目標に開業をしようと思えば、そろそろノウハウが勉強できる業界に転職する必要があります。
ところがこの旅館業の仕事というのは、給料が安いことでも有名で、今転職をするとそこそこ給料の良い旅館の社員になっても、年収は今の半分くらいに落ちてしまいます。先日転職エージェントに登録してコンサルタントの方に聞いたので間違いありません。ちょっとショックでした。

「それでも夢があるなら転職しろよ!」と友達には言われるのですが、子供が一人いる身ではなかなか安易に転職の道に踏み出すことはできません。
実は先日、「まあお試しで」くらいの気持ちで、一社この旅館業の面接を受けてみたのですが、見事に合格してしまったんですよね。

そこの年収はまあまあ良くて、今の仕事の70%位までは行きそうな感じでした。
今の仕事に不満があるわけでもないし、年収は下がるし、ノウハウの勉強に10年もかからないだろうとも思うし。

前向きな転職希望なのですが、やっぱりいざ目の前にすると、ちょっと臆してしまうものですね。

脱フリーターをしたけれど、もう一度転職しようか迷っています

僕は大学生の時の就職活動に失敗し、大学卒業と同時にフリーターとなりました。
もちろん一生フリーターをして過ごすつもりはありませんでしたから、就職活動をしました。ハローワークに積極的に通いましたし、インターネットの求人情報も毎日チェックしていました。

あちこちの会社で面接を受けましたが、合同面接の際には僕は他の人たちと自分との明らかな差を感じてショックを受けることが多かったです。他の方々は僕と違って前職で培ってきた知識や技術とがあり、それを面接官にアピールしていました。フリーターとしてしか社会経験のない僕には、アピールできるものが何もありませんでした。

唯一の武器は、若さでした。僕は面接官にそこを評価してもらえるよう、できるだけ高いテンションで面接に臨みました。
その結果、5社目の面接でようやく採用してもらうことができました。保険会社の営業です。

若さを買ってもらえたので、その若さを仕事でたっぷり発揮しなければと、僕は毎日できるだけハイテンションに頑張りました。
しかしそれが裏目に出て、君は元気だから大丈夫だろうという理由で残業や雑用などを人よりも多く任されるようになってしまいました。営業職でありながら僕は、営業に出ることのできない夜の時間帯に、営業とは全く関係のない書類制作などの仕事もさせられるようになったのです。

ちなみに残業手当は出ません。残業手当は基本給に含まれているのだと説明されました。
元気さを売りにした僕が間違っていたのかもしれませんが、どうにもやりきれません。

しかしもう一回就職活動をするのも辛いです。
現状を甘んじて受け入れるか、可能性にかけて再び転職をするか、迷っている状態です。

転職をして給料が倍増

転職をして給料が倍になりました。もっと早く転職をしていればよかったと思います。
転職をする切っ掛けとなったのは同業者が転職を勧めてきたからです。
そもそも仕事をするにはこの職場しか無い、と思い込んでいた私ですが良く周囲を見てみればもっと良い職場が沢山あったのです。
住めば都、と言いますが住み続けると引越しをし辛くなります。移動をするのが面倒だったのでずるずると同じ職場にずっと居ました。
周囲や同僚が、別の職場の方が良いと言い続けるので私も転職をした方が良いのだろうなあ、とは思っていましたが何せ、面倒だったのです。
転職のためには色々な手続きが必要ですし、新しい職場に馴染めなかったら転職をしなかった方が良かった、と後悔をしてしまいます。
しかし、他の職場の良い待遇を見てから私も転職をしました。
以前の職場にはまだ人間が残っているらしいですがかなり過疎化しているそうです。
転職をしてから、給料が半減するかと思いきや以前の仕事と同じ給料であり、仕事に慣れて仕事を頑張っている内に、以前の職場の倍の給料を稼げるようになりました。
これ以上仕事を増やすのは危険ですが、まあほどほどに頑張り過ぎないようにやっていきます。

私の七転び八起き

私が初めて転職を経験したのは21歳の時でした。
高校卒業と同時に入社したアミューズメント施設・・・そこのお客様からの執拗なセクハラ、経営者の心無い仕打ち。今にして思えば、軽く受け流せば良かったんですが、当時はそれが出来るほど大人にはなれなかったんですね(笑)。
退職後は繋ぎでアルバイト、一年後(繋ぎとしては長いか・・・)に文具店に転職。そこで10年、販売を経験しました。

仕事も完全に慣れきって流れ作業のようになってきた32歳の時、「このままではいけない気がする」と思い切って11年ぶりの転職活動。とりあえず紹介予定派遣で大手の事務職をゲット。近く正社員になれる、ってとこまできて、あの憎々しいリーマンショックの煽りを受けました。派遣は全員が契約打ち切り、社員さんもリストラの嵐。

あんな修羅場を見たのは後にも先にもここだけ…と言いたい所ですが。
この次に入社した製造会社で、私はより深い地獄を見ました。
中小の事務職でしたが、ここで特定の上司からの執拗な食事の誘い。言っておきますが私の容姿は平均以下、上司は妻子持ちです。
徹底的に断って、更に上の方々を巻き込みました。勿論、途中までは黙って耐えていましたが、休日に電話やメール。無視すると、朝デスクの上に嫌がらせとしか言いようのない量の仕事が積まれていました。
そんな中で耐えに耐えて3年半。

人の心と体は連動しています。私は胃潰瘍やら抑うつ神経症やら難聴やら、ありとあらゆる不調に見舞われ休職してしまったのです。
何度も復職をアプローチされました。でもまたあの場所で、何も変わらず働くなんて出来ない。過度な残業、意味不明な叱責。残業を終えてまでの深夜に及ぶ社内の付き合い。

結局、数ヵ月後に退職しました。人生終わったなと思いました。
当時私は36歳。転職なんてもう無理だわと。あんな奴の為に、あんな会社の為に私は堕ちなきゃならないのかと。
でも、捨てる神あれば拾う神も確かにいるんです。
今私は、小さな会社で事務をしています。条件的には前の会社に大きく劣るけれど、自分の時間を持てるようになりました。
そして、この年にして遂にやりたい仕事を見つけました。
その仕事に就く為に・・・というか、業界に飛び込む為に、大学の卒業を目指しています。ですから、今の会社もいずれは辞めることになります。
何年かかるか分からないし、そもそも仕事に就ける保障なんてありません。今よりきつい暮らしになるかも知れません。
でも、仕事を変えていくっていつだってリスキーだと思います。絶対に今より良くなるなんて、誰も保障してくれません。
年齢、学歴、家庭環境。転職に際しての悩みは様々です。でもそんな事も吹っ飛ぶくらい仕事を変えたいっていうお気持ちがあるのなら、どうか私を見て下さい。

四十路手前で、未経験の世界に飛び込もうとしている無謀な女がいると思うと、どうですか。少し勇気が出ませんか。

給与形態をしっかり把握して

転職をすると、勤務先が変わります。ここで気を付けておきたいのが、勤務先によって異なる給与形態です。
企業によっては残業代が基本給に含まれていることもあるし、各種手当がとても充実していることもあります。総合的に見て収入アップが見込める企業ではないと、転職をする意味がありませんよね

転職活動中に見る求人票では、給与の部分を比較ポイントとしている人が多いと思います。より高い給与を受け取ることができる求人の方が魅力的だから、ぜひその求人に応募したいと感じるはずです。

でももし基本給に残業代が含まれている場合、残業が多い企業に転職をしてしまうと結果的に仕事量に見合わない給与ということになってしまうかもしれません。反対に各種手当を含めた金額が記載されている給与以上になる場合、その方がこれまでよりも高収入を目指せる可能性が出てきます。

転職はそう何度も行うものではないので、出来るだけ失敗の可能性を下げておきたいですよね。給与面での失敗を起こすことがないように、給与形態についてはきちんと把握しておくことを忘れてはいけません。
求人票からでは正確な給与形態が分かりにくい場合は、事前に問い合わせて確認しておけると安心して転職活動ができると思います。